ホームふれあいラボの活動2019年度

2019年度

8月23日 第三回3者協定成果報告会開催

8月23日健康福祉センターふれあいで第三回3者協定成果報告会を開催しました。地域住民や医療関係者など約120人が来場しました。3者の活動内容の概要説明の後、九州大学の研究成果発表が行われた。山本元司教授は産学官連携によるヘルスケア分野研究開発について、熊谷秋三教授、岸本裕歩准教授は糸島市フレイル予防疫学研究について報告されました。また、田村准教授は九州大学、台湾・成功大学と糸島市民合同で行ったワークショップについて報告されました。

    
    

8月2日 前原南福祉委員の皆さんが来所されました

8月2日、前原南福祉委員皆さんが来所されました。フレイルについて講習を受けた後、フレイルチェック測定体験をしました。

7月12日 長糸公民館高齢者教室の皆さんが来所

7月12日長糸公民館講座のみなさんが校区の自主運行バス「あじさい号」でふれあいラボに見学に来られました。フレイルについて学んだ後、簡易的なフレイルチェックを体験。普段は測る機会の少ない握力や5m歩行速度測定に挑戦しました。


      

6月14日 老松行政区の皆さんが来所

6月14日、老松行政区でコグニサイズ運動を行っているサークルの皆さんが来所されました。フレイルについて講習を受けた後、フレイルチェック測定体験をしました。

6月6日 福岡県大曲副知事来所

6月6日福岡県の大曲昭恵副知事が介護予防の先進地として糸島を視察。産学官連携の拠点であるふれあいラボを見学し、糸島での取り組みに期待を寄せました。
ふれあいラボで開発中の「運動センサ・まねまねマット」を体験する大曲副知事

5月12日 わいわいフェスタ

5月12日(日)健康福祉センターふれあいで第10回わいわいフェスタが開催されました。晴天に恵まれたくさんの家族連れなどでにぎわいました。フクテク展(糸島福祉機器展)も同時開催され、車いす等福祉機器の展示や脳トレゲームなどのブースが登場しました。また午後からは九州大学基幹教育院准教授岸本裕歩(きしもとひろ)先生によるフレイル予防相談会も行われ、たくさんの相談者が訪れました。


4月25日 記者会見が開催されました

4月25日糸島市役所で糸島市・九州大学・住友理工産学官連携による糸島モデルのフレイル予防事業の構築に向けた「健康」「医療」「介護」事業第2期活動に関する記者会見が行われました。

3者協定第二期についての詳細はこちら
https://www.fureai-labo.jp/cont2/main.html

<ふれあいラボ>
〒819-1312 福岡県糸島市志摩初1番地(糸島市健康福祉センターふれあい内)
開所時間:10時~16時 休館日 :日・月(月曜日が祝祭日の場合はその翌日も休)
TEL 092-327-8181 FAX 092-327-1560
http://www.fureai-labo.jp

お問い合わせはお電話かFAXでお願いいたします。
PAGETOP