3者協定について

ホーム  »  ふれあいラボについて  »  3者協定について

糸島市・九州大学・住友理工による3者協定

協定締結:2015年12月15日
取組内容:2016年4月、糸島市健康福祉センター「ふれあい」に「九州大学ヘルスケアシステムLABO糸島」(通称:ふれあいラボ)を設置。
各機関が持つ資源を結び付け、地域包括ケアシステムの推進をはじめとする、健康、医療、介護に関する地域福祉の向上、研究教育活動の推進、技術開発や新産業の創出を目指すもの。

詳しくはこちら☜「来歴」第一期をご覧ください。

フレイル予防「糸島モデル」の確率を目指した第二期

 開始日:2019年4月1日
取組内容2021年度までに糸島市において他の自治体への展開が可能なモデル事業を開始し、産学官連携による新たな事業の創出を目指すもの。

詳しくはこちら☜「来歴」第二期をご覧ください。

「フレイルチェックについて」はこちら>>
<<「研究活用について」はこちら
<ふれあいラボ>
〒819-1312 福岡県糸島市志摩初1番地(糸島市健康福祉センターふれあい内)
開所時間:9:00~16:00 開館日 :火・水・木
TEL092-327-8181 FAX 092-327-1560
http://www.fureai-labo.jp

お問い合わせはお電話かFAXでお願いいたします。
ページの先頭へ