ソフトメカニクスⅠ領域、Ⅱ領域

研究概要

本研究は、高齢化に対する自立支援及び介助支援を目的とした、材料に関する研究開発及びこれら材料を応用した福祉機器に関する。 そのため、本プロジェクトにおいては、ソフトメカニクスI領域では住友理工の材料技術を活かした福祉機器への応用を、 ソフトメカニクスII領域では福祉及び介護の分野に役立つ新機能の材料開発を狙いに、またI領域では開発品を活用した福祉施策とビジネスを両立させた社会モデルの実装を狙いに、 糸島市-九州大学-住友理工の3者による共同事業を実施する。

ソフトメカニクスⅠ領域

褥瘡防止、歩行支援に関する福祉機器及びそのビジネスモデルに関する研究開発

ソフトメカニクスⅡ領域

新規トランスデューサ機能に関する有機材料の研究開発
Pagetop